Skip to content

賃貸住宅の魅力とはなにか

今、マイホーム購入という選択ではなくマンションなど賃貸物件に暮らすという選択をする方が増えています。こうした賃貸物件の魅力はなんといっても初期費用が安く済むというところです。マイホーム購入の場合には1千万円近くかかる頭金をはじめとして、ローン保証料や火災保険料、各種税金など本当に多額の初期費用がかかります。一方で貸家の場合には初期費用としてかかるのは、家賃と敷金、礼金くらいです。

その差は大きく初期費用の安さから気軽に住むことができるという魅力があるのです。また、持ち家の場合には転居する際が大変です。現在住んでいるマイホームを貸すか売却しなければローンを支払い続けることができません。貸家の場合には、大家さんに転出届を出すだけで気軽に転居できてしまいます。

一か月前に退出届けを提出すれば、すぐに転居できますが、持ち家の場合には買主が現れるまで転居を待たなければいけないケースがあったり、売り急いで売却価格を引き下げることもあるのです。このように気軽に入居して、転居できるということから賃貸住宅はこれから生活が変わっていく可能性がある方や、転勤等が多い方に最適と言えるでしょう。また給与が下がったらもう少し家賃の安い住まいに転居するなど収入に合わせて住まいを臨機応変に対応させることができる魅力もあります。このように住む人の感性やライフスタイルに合わせて柔軟に対応できるのが賃貸住宅の魅力と言えるでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です