Skip to content

高齢者賃貸物件に住むメリットとは

今後増えていくと予想されるのが高齢者向けの賃貸物件です。今も徐々にバリアフリーに対応したマンションが増えており、廊下やお風呂に手すりが取り付けられていたり、段差も解消されたつくりとなっているので、高齢者の方にも安心して暮らせます。エントランスも同じように段差が解消されていますし、車椅子でも安全に移動できます。バリアフリーの賃貸物件に入居するメリットは、老後のことを考えて高齢者向け物件の購入を迷っている方にも一時的に住んでから決められるわけです。

購入してから失敗しないためにも賃貸を選んでから決める方法もあります。また、体が健康な方には自立型を、体が不自由な方には介護型を選べる高齢者向けの賃貸マンションもあります。今、介護が必要ではなくても将来、不安がある方にはこのような物件を選んでおくと、体が不自由になってからまた受け入れ先を探す手間も省けます。高齢者向けは大浴場でのんびりお風呂に入れるのも魅力です。

もちろん、個室のお風呂を使うことも出来ますが、大浴場の方が開放感もありますし、高齢者によく起きるお風呂場での事故にすぐに対応して貰えます。通常の賃貸物件と同じようにペットが飼える物件もありますし、インターネットや電磁調理器など便利な設備や機能が整っています。賃料は地域や広さにもよりますが、8万円~が目安です。他にも共益費やサービス費など必要になりますから、10万円程度~と考えておくといいでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です