Skip to content

契約が成立する前は賃貸の費用は必要ない

契約が成立すると賃貸で必要になるお金を賃貸人に対して払わなくてはいけませんが、この契約が成立する前はどのようなお金であっても相手に対して支払う必要は一切ありません。これは、賃貸借契約に限ったことではないのです。基本的に、契約をする者同士で契約そのものが成立するのは、相手から提示された契約書にサインと同意をしたときだけです。そのときから契約を履行する義務が生まれるため、料金を請求されたときにはきちんとその費用を支払わなくてはいけません。

しかし、契約が成立する前に関してはそもそもそのような法律的な義務が存在しないため払う目的が存在しないのです。そのため、請求されたとしても相手の要求を容易に拒否することが出来ます。これは、賃貸借契約の場合には非常に重宝する事実であるため知っておいて損はありません。何故かというと、不動産会社によっては部屋の入居希望の申込をするだけで申込金というお金を要求されることがあるからです。

申込金というのは、文字通り申込をするときに必要になるお金でこれを払っていないと部屋に関する話し合いを進めてくれない会社も存在します。しかし、法律的にはこのような申込金というのは不動産会社は受け取ることを許されていません。むしろ、必ず返還しなくてはいけない旨がきちんと書かれているため、実際に支払ってしまった場合でも後から返還するように賃借人は要求することができるのです。こうした事実は賃貸をするときにしっかりと知っておきましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です