Skip to content

賃貸経営は管理会社のレベルがポイント

土地等の不動産を有効活用する目的で賃貸アパートを建てて、定期収入を得ることを考えたり、相続対策をしたりする人がいますが、賃貸経営は土地があってアパートが建てば簡単に経営ができるというものでもありません。不動産賃貸事業は不労所得と呼ばれることがありますが、実態は結構大変な面があります。もしアパートオーナーがすべての問い合わせや家賃回収、修繕対応等をしなければならないとしたら、複数のアパートを持つことはとても大変な仕事になるでしょう。しかし、そういった大変な部分を不動産賃貸の管理会社に依頼することによってオーナーは楽ができるのです。

そのため、自分の不動産賃貸事業がうまくいくはどうかは、管理会社としてどこを選ぶかというのが重要になるでしょう。こういったことはなかなかネットの口コミで情報を集めるのが難しいため、業界の情報通から情報を得る方法が考えられます。さらに、オーナー自らできることもあります。それは、近隣のアパートやその周辺のアパートを観察することです。

賃借人募集の看板等からそのアパートの管理会社は把握できるでしょう。管理会社を確認した上でそのアパートの管理状況を見るのです。例えば、ゴミ収集場や自転車置き場の様子、植栽の状態、共用廊下に物が氾濫していないか等を観察することで管理会社の能力を見抜くことができるでしょう。一見アナログな感じがするかもしれませんが、これが意外と効果的ですので、管理会社を選ぶ場合にはやってみるといいでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です