Skip to content

更新するときに必要な賃貸のお金を把握する

普通、賃貸住宅で部屋を借りるときには賃貸借契約の契約期間として二年という期間が設定されます。二年間はその部屋の中で住むことが約束されるため、契約を遵守すればどのような形であっても自由に部屋を使うことが出来るのです。では、この後に契約が切れてしまったときにはどのような措置を講ずれば良いのでしょうか。仮に、その部屋に住み続けたいのならば契約の更新という作業を行わなくてはいけません。

このときに生じるお金のことを更新料と言い、再契約をするときには再契約料というものを支払う必要があるのです。基本的に、更新料に関しては家賃の一ヵ月分から二ヵ月分のお金を大家に対して支払わなくてはいけません。このような更新料を支払わなくてはいけないようなケースと言うのは、だいたい大家のほうから契約の更新に関する連絡が入ります。この場合、そのまま住み続けるか退去をするかを選択するように迫られるため、契約が切れる前にきちんと考えておかなくてはいけません。

こうした更新料は、期間を設定した年毎に請求されることになるため、二年契約だとその節目ごとに二年、四年と言ったように更新料の請求がされます。仮に、契約をせずに後から契約を継続したくなった場合には再契約という形で手続きをしなくてはいけなくなります。再契約の場合は、更新料よりも多くのお金を支払わなくてはいけないこともあるため、そのまま賃貸をし続けたいのならば更新料を支払うようにしたほうがお得になるのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です