Skip to content

高齢単身者も視野に入れた賃貸住宅

これまでの賃貸住宅のメインターゲットは学生などの若者単身世帯でしたが、今後はそれらの世帯の賃貸需要は減少していくと予測されています。一方で今後は高齢者の単身世帯が増加するとされており、高齢者のいる世帯のうちおよそ3割が単身世帯であり、さらに高齢単身世帯の3分の1が賃貸マンションやアパート、貸家に住んでいるのです。そのため、賃貸住宅でのソフトサービスの充実がより一層重要になってくるといわれています。現在では、高齢の単身者向けの住宅として、サービス付き高齢者向け住宅の普及が進められていますが、それ以外の選択肢も必要になるのではないかという声も広がっているのです。

健康な高齢者というのも多いため、サ高住に入居する前の段階の住宅の整備というのも進められています。なぜならサ高住は一般的な賃貸住宅以上に、不動産会社やオーナーに専門的な知識が必要になるため、経営側のハードルが高く必要な戸数の確保が間に合わない可能性があることや借りる側からすると通常のものと比べると家賃が高いため、新たな高齢者のニーズにこたえられる住宅が必要なのです。サ高住の一般的なサービスで見守りサービスというものがありますが、今後は通常の物件でもこうしたサービスの導入が考えられます。サッシやキッチン、バスなどの住設機器を知能化することで、安全、安心な見守り領域を高めていく研究も進められており、ブルートゥースを使った簡単なセンサーでタブレットと連携しながら住民を見守る仕組みを1万円以下で導入可能な段階まできているのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です