Skip to content

仲介手数料が安い賃貸とは

賃貸を探しに行くと、仲介手数料が半額になっていたり無料であったりすることがあります。それで不動産屋は大丈夫なのかと思うこともあるでしょう。これは実は大丈夫です。というのは、仲介手数料は入居者からもらうだけではなくて、大家さんからももらうことができるからです。

不動産屋は、大家さんからもらう仲介手数料でまかなっていると言えるでしょう。もう一つのケースは不動産屋がその物件を保有していたり、あるいは管理業務を行っていたりする場合です。不動産屋としては儲けることができれば何でも良いわけですから、仲介手数料を半額にしたり、あるいは無料にしたりして入居しやすくし、そして賃料や管理料などで儲けることができます。こうすることによって不動産屋は収入を確保でき、また入居者にとって魅力的なものに移るようにすることができますから、仲介手数料が半額や無料になっていても良いわけです。

ただ、物件によっては注意が必要です。最近では仲介手数料だけではなくて敷金や礼金も必要なく、さらに家賃の安い賃貸を見つけることもあります。これだけ安いと、ラッキーと思うかも知れません。格安の賃貸を見つけることができたと喜ぶかも知れませんが、このような物件は良いものばかりではなくて、何らかのデメリットがあるかも知れません。

たとえば、事故物件である可能性も否定できないでしょう。それを考えれば、安いから良いというように考えるべきではないのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です