Skip to content

賃貸を探すときには下見も大事

賃貸を探すときには、契約を結ぶ前にきちんと下見をしておきましょう。多くの場合、不動産屋で探して、そのときに不動産屋の担当者が下見に連れて行ってくれるでしょう。このときにはたいていは車で連れて行ってくれます。それだけで十分だと思うのはあまり良いことではなくて、できることなら自分でもう一度下見をするべきです。

というのは、実際に歩いてみないと分からないことが多くあるからです。賃貸の下見をする際には、普段使う交通機関を利用するのが良いです。たとえば、普段は電車で通っている人なら、電車で最寄り駅まで行き、そしてそこから歩いて物件の近くまでいきます。こうすることによって、実際に歩いた感覚が分かるでしょう。

実際に歩かなければならない時間を狙うのも良い方法で、たとえば仕事が終わって帰ってくる時間帯を選んで駅から歩いてみるのは良い方法です。夜遅くなると暗くなって危険だと感じることがあるかも知れません。時間的に余裕があるのなら、平日と休日の両方に賃貸の下見をするのも良い方法です。なぜかというと、平日と休日とでは町の奮起が大きく異なる場合があるからです。

休日は賑やかな街のように感じたとしても、平日には人通りが少なくて寂しい街になることもあります。また、その逆もあり、平日は交通量が多すぎて騒々しいと言ったこともあり得ることです。公開しないようにするためには、平日にも休日にも下見をするというのは良い方法だと考えられます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です