Skip to content

賃貸事業を行う場合の消費税の基礎知識

不動産の賃貸事業の種類は主に二つあります。土地をそのまま貸す方法とアパートなどの建物を建てて賃貸する方法です。個人事業としてこの賃貸事業を行う場合には、所得税の確定申告だけでなく消費税の確定申告も必要になる場合がありますので、基本的知識は知っておく必要があります。例えば駐車場経営の場合、土地の貸付は消費税の計算において非課税売上げになるのが原則です。

しかし、土地上の施設と合わせて貸し出す場合には課税売上になる点に注意が必要です。車止めやロープを張るだけでも更地の貸付けではなく施設と一体の貸付けとなり課税売上になりますので、消費税の納税が発生することになります。アパートを建てて貸付けをする場合は、その家賃は非課税売上げになります。人の居住の用に供する建物の貸付けは非課税とされているからです。

注意点としては、契約期間が一か月未満の場合は課税売上になることです。また、人の居住の用に供しない事務所としての貸付けの場合には、消費税法上課税売上に分類されます。そのため、消費税の納税が発生することになるでしょう。所得税の確定申告は、自力でも対応できることが多いですが、消費税の納税計算はかなりややこしくなっています。

特例計算等の知識がないと、納税額が多くなってしまう場合もあります。前々年の課税売上高が1000万円以下等の要件を満たせば免税事業者になりますが、課税事業者になる場合には専門家の力を借りることも検討した方がいいかもしれません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です